勘違い2連発

 昨夜、JALでデリーに戻って来た。追い風により予定到着時刻より1時間早くデリーのインディラー・ガーンディー国際空港に到着してしまった。JALは時々予定よりも早く着くことがある。予定より遅れるのも迷惑だが、飛行機に関しては早く着き過ぎると困ることが多い。インドでは空港に誰かが出迎えに来ることが当たり前だからだ。
 ところで、飛行機の中では、空港での入国審査に必要な用紙が配られる。1回目の機内食が出た後ぐらいのタイミングで、スチュワーデスが配り始めるのが一般的だ。僕も1枚もらって、早速記入した。
 東京〜デリー間のJALの飛行機は、エコノミー席でもひとつひとつの座席に小さなTVが付いており、自由に映画を見たりゲームをしたりできる。映画好きな僕は「カンフー・ハッスル」と「コンスタンティン」を見た。「カンフー・ハッスル」は面白い映画だったが、「コンスタンティン」は退屈過ぎて眠ってしまった。その後、「上海」という地味なパズルゲームを遊んだが、なかなかクリアできなかったのでやめてしまった。


 さて、2回目の機内食も出て、デリー到着まで2、30分というところになったときだった。前方のスクリーンでは、入国審査用紙の記入方法を解説するビデオが流れ始めた。それを見ていて、ふと何かおかしいと気付き、自分が書いた用紙を見てみた。よく見ると、それはインド人用の用紙であった。外国人用の用紙とインド人用の用紙では、記入する項目が異なる。僕は誤ってインド人用の用紙を渡されてしまったようだ。
 早速スチュワーデスを呼ぶボタンを押した。スチュワーデスが来たので、僕は「あの、これ、インディアン・ナショナルのものです。フォーリン・ナショナルのを下さい」と言った。・・・スチュワーデスは一瞬考え、僕の顔を見て、ハッとした顔をして、「ああ、そうですね。申し訳ありませんでした」と言い、外国人用の用紙を持って来てくれた。
 そのときは何も思わなかったのだが、後でふと、もしかして僕はインド人に見えたのか、と思い始めた。この数ヶ月間は、インド、モルディヴ、そして愛知万博でかなり日焼けしたので、僕はインド人に見られてしまったのかもしれない。そもそもそのとき、インドで買ったシャツを着ていた(クルターではないが)。しかも、僕が「外国人用のをくれ」と言っても、スムーズに通じなかったのがものすごく気になった。なんか自分が日本人からどんどん離れていっているようで悲しかった。
 さて、デリー到着の次の日、早速大学に行って手続きを始めた。とりあえず今日は何とか手続き用の用紙をもらうところまでこぎつけて終了した。インドの大学で学んだことのない人にはわからない表現だろうが、インドではこういう事務手続きはかなり面倒で時間がかかるので、用紙をもらうことができただけでも大した前進なのである。
 僕の通うJNUでこういう事務手続きを行う場所はアド・ブロックと呼ばれている。アドミニストレーション・ブロックの略である。外国人留学生の手続きを統括している部屋があるので、まず僕はそこに行った。もう2年間JNUにいるので、そこのオフィサーにも顔を覚えてもらっていた。そのオフィサーによると、僕は奨学金の候補者に選ばれたらしい。どうやら成績が優秀な人がもらえる奨学金のようだ(あまり優秀ではないが・・・)。それはそれで嬉しいのだが、引っかかるのはその奨学金が女子学生だけを対象にしたものであることだ。なぜ男の僕がそれに選ばれてしまったかというと、僕が間違って女性として登録されてしまっているからである。どこがどう間違ってそうなってしまったのかは今もって不明だが、とにかく僕の名前の前には「Mister」ではなく「Miss」が付けられているのだ。以前、学生自治会の選挙のときにそれが問題になったことがあり、直してもらったはずだが、直ったのは有権者名簿だけだったようで、おおもとのデータはまだ直っていないと見える。オフィサーは「パスポートの写真が女の子みたいだから間違えられるんだ」と笑っていたが・・・写真はともかく、ちゃんと「性別/Sex M」と書いてあるだろ!!オフィサーは、「奨学金がもらえたら、ミターイー(お菓子)を食べさせてくれ」と呑気なことを言っていたが、これが後々大きな問題になりそうで怖い。
 というわけで、これらが最近気になった勘違い2連発である。

This entry was posted in 生活. Bookmark the permalink.

3 Responses to 勘違い2連発

  1. かがやき says:

    はじめまして。
    わたしもJNUで学ぶ学生ですが、アルカカットさんが選ばれたという奨学金とは、どういうものなのでしょうか。
    すごーく知りたい。

  2. まー says:

    はじめまして、Arukakatさん。
    私もデリーに住んでいます。
    愛知万博 面白そうで読んでいるうちに行きたくなりました。インド人のところに下宿なんてこれまた素敵です。
    日本の若者はインドではたまに女の子に間違われますね。
    日本のアニメ(少女漫画)を見せると「これは女か男か?」と聞かれます。
    髪の毛が少しでも長いと迷うみたいです。
    インドもこの頃では長髪の若者をちらほら見かけるようになったと思いますが。

  3. arukakat says:

    >かがやきさん
    ちょっと覚えにくいような名前の奨学金でした。多分、成績上位の女学生がもらえるんではないでしょうか?僕のクラスには女子が2人しかいなくて、2人ともあまり成績がよくなかったため、僕が候補に選ばれたのだと思います。
    >まーさん
    愛知県やその周辺の県民には割と愛知万博は話題になってますが、東京なんかでは「対岸の火事」程度の反応でした・・・。是非行ってみて下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>