遂にサイクルリクシャー・レースも

 以前、「オートリクシャー・レース開催」という記事を書いた。そのとき、「サイクルリクシャーのレースがあれば面白いのに」と無責任なことを述べたのだが、それが実現してしまったようだ。6月13日付けのタイムズ・オブ・インディア紙に写真が掲載されていた。

null
サイクルリクシャー・レース


 サイクルリクシャー・レースは、デリーのガーズィープル・ロードという場所で行われたらしい。しかし、写真のみ掲載で、詳細記事が載っておらず、いったい誰が何の目的でレースを開き、どんな様子だったのかは謎である。ただ、「警察が主催した」とだけ書かれていた。警察がなぜサイクルリクシャーのレースを?もしかしてサイクルリクシャーの取り締まりを強化する前触れであろうか?レースと賞金でデリー中のサイクルワーラーをおびき出す作戦ではなかろうか?
 写真から推測する限り、レースというよりもパレードみたいだ。これだけ道にビッシリと並んでいたら、後列の人が前列の人を抜くことは不可能であろう。もっと参加者の数を少なくするとか、広いところでやるとか、中間点で順位順にボリウッド女優がサイクルリクシャーに乗り込んでサイクルワーラーを応援するとか、工夫が必要であろう。是非、サイクルワーラーとしての総合力を評価するレースにしてもらいたい。
 最近はあまりサイクルリクシャーに乗っていない。地方に旅行に行ったときくらいか。そういえば、パハール・ガンジなどを歩いているときに、サイクルリクシャーの後輪に何度か足をぶつけられた覚えがある。イラーハーバードで、サイクルリクシャーから降りようとしたら、出っ張った部分に服が引っかかって、ビリビリッと破れてしまった思い出もある。お気に入りの服だったのに・・・。写真を見ると分かるように、最近のデリーのサイクルリクシャーは、以前より少しだけオシャレになった。日よけ折りたたみ式の木製リクシャーが減り、金属性リクシャーが増えた。確か、ウダイプルでは電動サイクルリクシャーを見たな・・・。グワーハーティーで乗ったサイクルリクシャーはひどかった。高架陸橋の前でサイクルリクシャーに乗り、陸橋を渡った先まで行ってもらったのだが、陸橋をのぼるときにリクシャーを下ろされて、結局自分の足で行くのと変わらなくなってしまった。
 インドに長く住むと、サイクルリクシャーの思い出もいろいろである。

This entry was posted in 雑談. Bookmark the permalink.

3 Responses to 遂にサイクルリクシャー・レースも

  1. アルカカットさん、ナマステ!
    在ネパール日本人会が毎年開催する「日本人会大運動会」では10年ほど前から、「リキシャ・レース」なる種目があります。
    これは、サイクルリキシャ数台を当日借り上げ、日本人のチームがリレー方式でリキシャを漕ぎチームごとの早さを競うと云うものです。路上ではなく、運動場で、運動会の種目のひとつです。
    普通の自転車と違い、リキシャ部分があるためハンドル操作に大変な腕力が必要と、参加者から聞きました。最初のレースは、当時のJICA若手駐在職員が「これ、面白いんちゃうか?」と、関西系のノリで提案したものが実際面白く、邦人にとっても「そうか、実際リキシャを漕ぐのはこんなに難しくかつ大変だったのか」と実感する競技で人気を集めた経緯があります。
    私、運動会は毎年「さぼり」組ですので、参加者から聞いた話で恐縮です。

  2. arukakat says:

    なんと、日本人によるサイクルリクシャーのレースがあったとは!でもサイクルリクシャーを借りるというのは、どういうコネで実現したのでしょうか???おそらくサイクルリクシャーを統括しているのは、マフィア系の人々か、政治家や権力者だと思いますが。

  3. えっ?インドではサイクルリキシャーの統括は、その筋系なのですか。
    私が直接知っている限りですが、第1回リキシャレースの発案者+コーディネーター邦人(当時のJICA若手駐在員)は、自宅近くにいた「リキシャワーラー」に直接交渉したそうです。リキシャのリザーブです。
    実際客を乗せて走ることなしに、リザーブ料金がもらえると、大喜びですぐに、必要台数集まったとのことです。
    似ているようで異なるネパールとインド。是非次回の「インド脱出」は、ネパールにおいでませ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>