ピート・ベストはインド生まれ

 インド好きの日本人と交流していると、インドにはまったきっかけがビートルズだったという人が結構いることに気付く。何を隠そう、僕もビートルズ・ファンで、インドに興味を持ったきっかけのひとつは確実にビートルズである。
 ビートルズのメンバーと言うと、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人になる訳だが、ファンの間で「第5のビートル」と呼ばれる人物もいる。それは時と場合によってベーシストのスチュワート・サトクリフであったり、マネージャーのブライアン・エプスタインであったり、プロデューサーのジョージ・マーティンやフィル・スペクターであったり、ジョン・レノンの妻ヨーコ・オノであったりするのだが、「第5のビートル」としてもっとも有名なのは、リンゴ・スターの前にビートルズのドラマーを務めていたピート・ベストであろう。
 ピート・ベストは1960年から62年の間、ビートルズのドラマーとして活躍していた。ピート・ベストがビートルズを脱退した理由は現在まで当事者や音楽研究家やファンの間でいろいろ議論されているのだが、一番面白いのは、ピート・ベストがメンバーの中で一番ハンサムで人気者だったために嫉妬され、バンドから追放されたというものである。ピート・ベストが抜け、リンゴ・スターが加入した新生ビートルズは、あれとあれよと言う間に20世紀を代表する音楽家へと成長して行った訳だが、ピート・ベストの方はしばらく地味に音楽活動を続けた後、公務員になって細々と生計を立てていたようである。そして退職を機にピート・ベスト・バンドを結成し、再びドラマーとして活動中だ。
 インド好き日本人にビートルズ・ファンが多いのは、ビートルズがスィタールなどのインド楽器を取り込んだことや、インドのリシケーシュで修行をしたことなどにより、ビートルズとインドがつながりを持っているからである。しかし、11月6日付けのデリー・タイムズ(タイムズ・オブ・インディア)紙を読んで、ピート・ベストが実はインド生まれであることを初めて知った。ビートルズとインドに、そんな縁もあったとは・・・!現在ピート・ベストはリバプールのプロモーションのためにデリーを訪れており、インタビューの中で、自分の出自を明らかにした。

20091108-photo0128.jpg
ピート・ベスト


 ピート・ベストは、1941年、英領インドのマドラス(現チェンナイ)に生まれた。父親は軍人だったようである。彼はマドラスの他、ボンベイ(現ムンバイー)にも住んだことがあり、酷暑期には山間の避暑地で避暑をしていたそうだ。ピート・ベスト一家はインド独立前の1945年にリバプールに戻ったが、母親がデリー生まれだったこともあり、家庭ではビリヤーニー、プラーオ、チキン・カレーなどの北インド料理がよく出されていたと言う。
 今回ピート・ベストは実に64年振りにインドを訪れたことになる。母親の生まれ故郷であるデリーを訪れたのは初めてみたいだ。ピート・ベストはインタビューの中で、インドの人々はあまり変わっていないと語っている。多少リベラルになって、クリケットやホッケーの他にサッカーも人気になっていることぐらいが大きな変化だと述べている。
 デリーでピート・ベスト・バンドのライブがあったようだが、全く情報がなかったために行きそびれてしまった。だが、近々、リバプールのプロモーションのために、サッカーとビートルズをテーマにしたイベントが開催される予定のようで、それは是非見に行ってみたいものである。

This entry was posted in 映画と音楽. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>