オート広告

 最近、デリーの道を走っていて少し気になっていたのが、オートリクシャーの裏に書かれている広告であった。いろいろなウェブサイトのURLが書かれていたり、「Lose Weight Don’t Wait」という痩身の宣伝文句と共に電話番号が書かれていたり、サーカスの宣伝がしてあったりする。中には、「もし隣人が不正に遭っているにも関わらず、あなたは夜よく眠れるならば、次はあなたの番だ」みたいな社会改革を促すスローガン地味たことが書かれたステッカーが貼ってあったりもする。そのことについて、1月11日付けのザ・ヒンドゥー紙の折込版メトロ・プラスが記事を書いていた。

20070111-photo0114.jpg
オートの裏の広告


 やはりオート広告を扱う宣伝業者がいるようで、オート広告は着実にデリーに根付きつつあるマーケティング手段となって来ているようだ。信号待ちのときなど、前に停まっているオートの裏面というのはけっこう目立つため、ついつい見てしまう。デリー中を走り回るオートは、確かに安価にかつ広範に宣伝する媒体としては非常に有効的である。
 オートワーラーは、宣伝を載せる見返りとして、宣伝業者からギフトをもらったり、小遣いをもらったりしているらしい。例えば、「Lose Weight Don’t Wait」の宣伝を貼ったドライバーは時計がもらえ、FMラジオ局の周波数が書かれたステッカーを貼ったドライバーはラジオがもらえたらしい。また、ウェブサイトを載せると、50〜100ルピーがもらえ、サーカスの宣伝を載せると、時計+週1回有効のパスがもらえるようだ。
 しかしながら、オートリクシャーの裏に載っている広告というのは、どうしても安っぽいイメージが付きまとってしまう。どこまでビジネスとして成り立つのか、疑問である。

This entry was posted in 生活. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>