ラジオ、ステレオ、聴きながら運転は交通違反!

 どうやらデリーの交通ルールでは、自動車を運転しながらラジオ、ステレオ、テレビなどを見たり聴いたりすると交通違反になるらしい。1月5日付けのヒンドゥスターン紙による。
 デリー自動車法第97条第1項では、車両の運転手は、車両の中で、他の運転手や通行人に危険をもたらすような機具の使用をしてはならないと規定されており、違反者は、自動車法第177条により、100ルピーの罰金を科せられる。交通警察の言い分によると、ラジオ、ステレオ、テレビなどは、運転手の注意を散漫にさせるため、この「他の運転手や通行人に危険をもたらす機具」に含まれているという。


 もし運転中に音楽などを聴くのが違反なら、最初からラジオやステレオなどを搭載した自動車を取り締まればいいのではないか?そういう疑問も沸き起こるが、交通警察の言い分では、車を停めて聴くだけなら問題なく、そこまで取り締まる必要はないと言う。
 ちなみに昨年(2006年11月30日まで)、この法律の違反により捕まった運転手の数は8878人。1日25人ほどが捕まっていることになる。だが、デリーでは毎日250万人の自動車がラジオやステレオを流しながら走っていると言われている。それが全部違反なら、1日25人というのは少なすぎではなかろうか?
 果たしてこれは真面目なニュースなのか馬鹿ニュースなのか分からないが、インドの交通ルールは一度精読してみると面白そうだ。

This entry was posted in 雑談. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>