マディヤ・プラデーシュ州の3都市名変更へ

 12月18日付けのタイムズ・オブ・インディア紙によると、マディヤ・プラデーシュ州のジャバルプル(Jabalpur)市議会が、都市名をジャーバーリープラム(Jabalipuram)に変更する法案を可決した。
 ジャバルプルは、「ラーマーヤナ」に出て来る聖人ジャーバーリーが瞑想を行った地とされている。記事の内容から察すると、ジャーパーリープラムへの変更は、古名への回帰というわけではなく、どうせなら聖人ジャーバーリーとの関連が分かりやすい名前にしよう、ということらしい。
 同時に、マディヤ・プラデーシュ州政府与党インド人民党(BJP)は、州都ボーパール(Bhopal)をボージプル(Bhojpur)に、インドール(Indore)をインドゥール(Indur)に変更することも計画している。


 BJPは、マディヤ・プラデーシュ州に限らず、インド全国の都市名を歴史的に由緒正しいものに変えようとしているようだ。BJPのアニル・ダーヴェーは、「独立後、我々は英国人の銅像を国中から一掃した。今度は英国人が付けた都市名を一掃しようではないか」と述べている。
 いかにもBJPらしい国粋主義的な発想だが、国民会議派も都市名変更には積極的のようだ。会議派のジャガト・バハードゥル・スィンは、「ジャバルプルの都市名変更は、BJPではなく国民会議派が最初に言い出した」と言い出しっぺ争いを始めている。
 その内デリーがインドラプラスタとかハスティナープラになったりするのだろうか?

This entry was posted in カタカナ表記・固有名詞. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>