今年のオスカー挑戦者は「Rang De Basanti」

 本日の各紙によると、アカデミー賞外国語映画賞にインドの公式エントリーとして出品される映画が、ラーケーシュ・オームプラカーシュ・メヘラー監督、アーミル・カーン主演の「Rang De Basanti」に決定したようだ。

20060926-photo0112.jpg
Rang De Basanti


 候補に挙がっていたのは、「Krrish」、「Lage Raho Munnabhai」、「Kabhi Alvida Naa Kehna」、「Corporate」、「Yun Hota To Kya Hota」、「Omkara」、「Maine Gandhi Ko Nahin Mara」など9作品。今年は良作が多く、選考はかなり難航したようだが、結局今年最初のヒット作となった「Rang De Basanti」に落ち着いたようだ。
 「Rang De Basanti」が公式エントリーに選ばれた最大の要因はもちろんその作品の質にあるわけだが、もうひとつ大きな要素は、今年12月から来年2月まで、20世紀フォックスが同映画を米国で一般上映することが決まっていたことのようだ。このおかげでプロモーションに時間と金をかける必要が少なくなり、ノミネートの可能性も高くなるというわけだ。
 アーミル・カーンは本当にラッキーだ。「Lagaan」(2001年)に引き続き、再び主演作がオスカーに挑戦することになった。「Lagaan」はノミネートされたものの受賞は逃した。「Rang De Basanti」が受賞する可能性はあまりないと思うが、まずはノミネートを目指してもらいたい。
 また、ディーパー・メヘター監督の「Water」がカナダの公式エントリーに選ばれたらしい。

This entry was posted in 生活. Bookmark the permalink.

2 Responses to 今年のオスカー挑戦者は「Rang De Basanti」

  1. BEST FOREIGN LANGUAGE FILM
    "After the Wedding" (Denmark)
    "Days of Glory (Indigènes)" (Algeria)
    "Lives of Others" (Germany)
    "Pan’s Labyrinth" (Mexico)
    "Water" (Canada)
    「Rang De Basanti」は、ノミネートも逃しちゃったみたいですね…残念。ちなみに「Water」の音楽はA.R.ラフマーンですな。

  2. arukakat says:

    ディーパー・メヘター監督の「Water」に期待ですね。
    インドでは公開されなさそうなのが残念。

arukakat への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>